• HOME
  • ブログ
  • MAKE
  • かっこいいメイクのアイシャドウの塗り方|プロのアドバイス

かっこいいメイクのアイシャドウの塗り方|プロのアドバイス

かっこいいアイシャド903
MAKE
2019-09-17:公開日/

かっこいいメイクにしたい!

 
私ボーっとみられる。
 
 
かっこよく見られたい! メイクで、アイシャドウでかっこよくなりたいです。
 
 
プロのメイクアップアーティストにアドバイスしてほしい。 かっこいいアイシャドウの塗り方を!!
 
 

こんな悩みを解決します。
それではかっこいいメイクを紹介します!!

 

かっこいいアイシャドウ861
かっこいいアイシャドウのメイクです。

この記事を書いている私は
【長い間ヘアメイクアップアーティストとして活動】
福岡県出身。アイの美容室オーナー・スタイリストとして10年間のサロンワーク後、ヘアメイク業界に転身。
ヨーロッパ各地を遊学後、鳥羽いっこう氏主宰のWizard make upに参加。

以後、ヘアメイクオフィス ラ・メール設立。
ファッションを中心としたヘアメイクを得意とする。

ファッション誌、ヘアメイクエディター、メイクアップビジュアル、広告や海外の仕事も精力的に行う。

ここでは今までの私の経験を生かし皆さんの疑問を解決したいと思います。
 
ヘアメイクアーティスト102
ヘアメイクアーティスト103
ヘアメイクアーティスト104
ヘアメイクアーティスト105
ヘアメイクアーティスト106
ヘアメイクアーティスト100
ヘアメイクアーティスト107
ヘアメイクアーティスト108
ヘアメイクアーティスト116
ヘアメイクアーティスト117
ヘアメイクアーティスト118
ヘアメイクアーティスト119
ヘアメイクアーティスト120
ヘアメイクアーティスト121
ヘアメイクアーティスト122
ヘアメイクアーティスト123
ヘアメイクアーティスト124
ヘアメイクアーティスト125
ヘアメイクアーティスト129
previous arrow
next arrow
Slider
Beauty Labo@kkの仕事、作品

かっこいいメイクの仕方

このメイクは黄金比にのっとったメイクで、基本中の基本です。
このメイクはエレガントで自然に見えます。
今回はブラウンを使います。

ブラウンにもレンガ色のように色味があるものと、黄色系で色味がないものがあります。
黄色系のブラウンは顔の中で影になる色です。
この性質を利用してシェードで顔を細くしたりします。
一重や奥二重のような腫れぼったく見える目を、引き締めるときにも使います。

黄色系のブラウンは濃く塗ってもケバクなりにくいです。
これらの理由から、ブラウンはメイクの中心的な色と言えます。

アイシャドウの塗り方

かっこいいアイシャドウ862
3色でアイシャドウを塗ります。
最初は基本となる色で、肌より少し暗いグラデーション色を使用します。
かっこいいアイシャドウ863
まぶた全体に塗り、斜めに引っ張り上げるようにぬります。
かっこいいアイシャドウ864
さらに暗い色を使用します。
かっこいいアイシャドウ865
コントラストを作りながら引き上げるようにグラデーションを作ります。
かっこいいアイシャドウ866
まぶた中央を中心にハイライトを塗ります。
色はゴールドが一番合います。
この3色で立体を作ります。
かっこいいアイシャドウ867
重要なのはぼかし/グラデーションです。
アイシャドウやチーク、シェード等メイクで一番重要なのはグラデーションです。
色が肌に溶け込む部分や、色と色のつなぎ部分も自然なグラデーションが必要です。

濃く塗る部分は筆のコシが強いもので塗ります。
チップで塗ったりもします。
その場合、外側のグラデーションがきれいに塗れない場合があるので、外側は柔らかい筆を使います。

目を開けた時に、斜めに引き上げられたグラデーションがきれいに見えるように塗ります。
かっこいいアイシャドウ868
目の下まぶたにもアイシャドウを塗ります。
目の外側三分の一です。
かっこいいアイシャドウ869
最初に使った肌より少し暗い色がいいです。
この部分に濃い色を使うと目が下がるので、あまり濃くならないようにしましょう。

マユの書き方

かっこいいアイシャドウ870
アイシャドウのフレームが大きいのでマユのフレームも大きくします。
かっこいいアイシャドウ871
具体的にはマユ山の位置を2mmほど外側にずらし、高さも同様に2mmほど上にずらします。
マユ頭もわずかに上にずらします。
この方法で目にインパクトが出て、目の付近全体が大きく見えます。

ノーズの入れ方

かっこいいアイシャドウ873
ノーズは鼻を高く見せるために入れるので、鼻横の一番へこんでいる部分①に暗い色を塗ります。

その他の部分②は少し明るめの色を塗ります。
線にならないようにぼかします。
かっこいいアイシャドウ872
ノーズは簡単なようでむつかしいです。
線になると失敗です。
線にならないようにぼかします。

チークの塗り方

かっこいいアイシャドウ874
チークは、ほほ部分を引き締める役目と、顔色の血色を良くするための目的があります。
引き締めるために色を2色使ってグラデーションを出します。

この方法で自然にへこんで見えます。
手前部分にピンクやオレンジの色を加えます。
チークもグラデーションが重要です。

シェードの塗り方

かっこいいアイシャドウ875
②③④⑤がシェードです。
④のアゴ部分のシェードはアゴやエラ部分を細くするために塗ります。

③⑤は顔の生え際部分です。
ここにシェード/影を入れると小顔になります。
②こめかみ部分に入れると同様に、顔が引き締まります。

かっこいいにピンクを入れる

かっこいいアイシャドウ876
今まで解説してきた”かっこいいアイシャドウ”を応用します。
”かっこいいアイシャドウ”を薄く塗り、上からピンクの単色を塗ります。

土台にすでにコントラストができているので、ピンク系の立体があるきれいなナチュラルメイクが出来上がります。
ピンクの色も抑えられた感じになり上品な発色になります。
おすすめのやり方です。

かっこいいにゴールドを入れる

かっこいいアイシャドウ877

上記と同様に”かっこいいアイシャドウ”を薄く塗り、上からゴールドの単色を塗ります。
まぶた全体がゴールドの黄色系に傾き、薄いナチュラルメイクになります。
マユ骨にもハイライトとしてゴールドを入れます。

かっこいいにスモーキーを入れる

かっこいいアイシャドウ879
上記と同様に”かっこいいアイシャドウ”を薄く塗り、上からスモーキーカラーを塗ります。
土台のブラウンとグレーのスモーキーカラーが混じって不思議な色合いになります。

かっこいいアイライン

かっこよく見えるアイラインを紹介します。

モードのアイライン

かっこいいアイシャド895
1940~1950年代に流行したアイラインです。
1947年に発表された、クリスチャンディオールのニュールックのようなモード系の洋服に合います。

見せるアイラインで、リキッドタイプのアイライナーで書きます。
かっこいいラインメイクです。
一重デカ目623
リキッドアイライナー
かっこいいアイシャド890
思ったよりも縦に書きます。
縦に書かないと、目を開けた時ラインが見えません。
かっこいいアイシャド891
目の内側は図のように書きます。
かっこいいアイシャド892
図のように中央をつなげます。
かっこいいアイシャド893
線の中を埋めます。
乾くのに数分かかります。
かっこいいアイシャド894
目を開けるとラインがきれいに丸くなっていないので、目を開けた状態で修正します。
かっこいいアイシャド895
出来上がりです。
コツはラインを縦に書いてください。

インサイドのアイライン

かっこいいアイシャド896
下まぶたにラインを入れます。
本当にこれだけでかっこよくなります。
かっこいいアイシャド897
下まつ毛から眼球近くの粘膜部分にアイラインを入れます。
ペンシルライナーを使います。
ライナーの硬さが柔らかいほうが塗りやすいです。
コツは目の下の皮膚を指で下に引っ張って、粘膜部分が見えるようにして書きます。

目を囲うアイライン

かっこいいアイシャド897
上まぶたにアイラインを書きました。
かっこいいアイシャド899
先ほど説明した、眼球近くの粘膜部分に入れるアイラインです。
かっこいいアイシャド900
上まぶたにもアイラインを入れます。
アイラインの入れ方は眉毛と眉毛を埋めるように書きます。
目を開けた時にラインが見えるように少し太めに書きます。
かっこいいアイシャド901
太くします。目を開けてラインを書きます。
かっこいいアイシャド902
さらに太くします。
出来上がりです。

クールな大人の女性!

クールさを出すには何と言っても目元が重要!
目元にインパクトがないと強さが出ません。
強めのメイクが希望ならブラウンのメイクを使ってください。

強く塗っても濃くなりにくいです。
マスカラは特に重要。
ビューラーで目尻三分の一を上へ押し広げて、多めのマスカラを根元から付けます。

アイシャドウが弱くてもこれで目に強さを出せます。

ベース

無機質感を出すのにパープルのコントロールカラーを使ってみては?
パープルは黄色みを消して白っぽい肌を演出します。
冷たい白い陶器のような肌に近くなります。
試す価値アリ!

チーク

クール感を出すのに丸顔のタイプの人はチークで顔を絞めましょう。
引き締める部分と、ボトム部分にはシェードの効果のある、黄色系のブラウンを使いましょう。

色はピンクとオレンジとブラウンを混ぜた、ベージュ系の色を塗ります。
これを使わない場合と比べると、顔の印象が随分違います。

リップ

リップで顔のバランスを変えましょう。
リップの色が赤や濃いピンク、濃いブラウンの場合、顔の他のパーツのアイシャドウ、マユ、チークを強くメイクすると顔がケバクなります。

リップが強い場合、他は1,2か所を強くするくらいにしときます。
それに今ナチュラルが流行しているので、リップ以外はナチュラルでもかっこいいメイクになります。

それでもマユは手入れをちゃんとして、必要な部分は必ず書くようにしましょう。

まとめ
カッコよくなりたい人のお悩み相談です。
カッコよくなりたい人のメイクをプロがアドバイスします。
具体的な方法としての内容は?  

  • アイシャドウの塗り方 
  • マユの書き方
  • ノーズの入れ方
  •  チークの塗り方
  • シェードの塗り方

これらの説明を簡単に分かりやすく写真で行います。
また、かっこよくする要素としてアイラインが効果的です。
アイラインも合わせていくつかの種類を説明します。
かっこいいアイライン  

  • モードのアイライン
  • インサイドのアイライン
  • 目を囲うアイライン

最後に他のポイントメイクについても説明します。
クールな大人の女性!  

  • ベース
  • チーク
  • リップ

これらの内容をぜひ参考にされて下さい。
Beauty Labo@kk

こちらも合わせてご覧ください!
参考アドバイス
奥二重のアイメイクの方法【初心者必見プロのアドバイス】

@kk

@kk

Beauty Labo@kk(ビューティー ラボ アットケイケイ) ヘアメイクアップアーティスト 福岡県出身。アイの美容室オーナー・スタイリストとして10年...

プロフィール

関連記事一覧