きれいになりたい!きれいになるには?

ナチュラルメイク103
MAKE

きれいになりたい!
きれいになるには?

 

この悩みには二つの解決方法があります。

1.本当にきれいになりたい。→本質的にきれいに!
2.手っ取り早くきれいになりたい。→見た目をきれいに!

具体的にはどういうことでしょう?

1.本当にきれいになりたい。
→本質的にきれいに!

身長
体型・体重

健康
心(精神)
性格

2.手っ取り早くきれいになりたい。
→見た目をきれいに!

メイク
ヘアスタイル

洋服

それでは一つ一つ考えてみましょう。

1.本当にきれいになりたい。→本質的にきれいに!
身長
背が低くて可愛い人もいますが、身長はある程度高いほうが美人といわれています。160cm以上?
※高くなりたいと思ってもムリは無理ですね!
体型・体重
いくつかの特徴的な型で分類できるようです。
※太っている人はダイエットで変えることができます。

※本質的な変更は整形以外なさそうですね。
健康
※大きく問題がある場合は医療に任せましょう。
心(精神)
※大きく問題がある場合は医療に任せましょう。
性格
※何とも言えません

-変えることができるのは体型・体重のダイエットだけですね!-

2.手っ取り早くきれいになりたい。→見た目をきれいに!
メイク
※かなり効果があるようです。
ヘアスタイル
※メイク同様かなり効果があるようです

※スキンケアなどである程度の効果が見込めます。
洋服
※ワードロープ、TPOを駆使するとある程度の効果が見込めます。

-全体的に効果があるようです。-

まとめ————————————–
・メイク・ヘアスタイル・肌・洋服・ダイエットによって「きれいになるには?」 の目的をある程度達成できるようです。

綺麗になるには8

それではこれらの具体的方法を考えてみましょう。

メイク・顔の欠点を探します。

顔型について
丸顔・四角顔・面長・逆三角形・卵型の欠点を解消するメイク法を見つけます。

またそれぞれのパーツについても具体的に考えていきます。


一重、奥二重、一重と二重の複合タイプ
腫れぼったい、やつれている
寄り目、離れ目
上がり目、下がり目
目と眉の距離が短い
目と眉の距離が長い


太眉、細眉
寄り眉、離れ眉
いかり眉
まぶたが狭い眉
左右非対称の眉
困り眉(下がり眉)


鼻が大きい、鼻が長い、鼻が低い、


唇が薄い、上唇が低い、下唇が大きい、色素が強い

その他
ほほ骨が高い、

メイクには2つの方法があります。

引き算のメイク(マイナスのメイク)と足し算のメイク(プラスのメイク)です。
引き算のメイクが欠点の解消です。
足し算のメイクは自己主張です。自分の個性を強く出します。
例えば目が一重や眉が困り眉(下がり眉)の欠点を解消し“かっこいい”より“可愛い”くなりたいなら可愛いメイクを加えます。
引き算のメイクだけでは最終的に{どんな人になりたいのか}に行き届きません。
綺麗になるには1

綺麗になるには2

ヘアスタイル

ヘアスタイルもメイク同様に顔の欠点を探します。
顔型について
丸顔・四角顔・面長・逆三角形・卵方の欠点を解消するヘアスタイルを見つけます。

またヘアスタイルを決めるのにいくつかの要因があります。
長さを決めることが重要です。
長さには3つの要素があります。

  1. 全体の長さ
  2. 顔を縁取る長さ
  3. レイヤーやグラデーションを施すことで生まれる中間の長さ

ヘアスタイルを決めるのに最も重要なのがこの3つの長さを決めることです。
この長さの決定でヘアスタイルのシルエットが決まります。

その他の要素として
・身長
・年齢
・タイプ

ヘアスタイルを自分で決めても結局は美容室で美容師さんにカットしてもらうしか方法はありません。
しかし美容室に行く前に決めておかないといけないことがあるのも事実です。
では、似合う髪型を決めるのに美容室の上手な利用法を考えてみましょう。

詳しくは
似合う髪型がわからない!
のページで説明していますのでぜひ御覧ください。

肌をきれいにする方法

スキンケア

健康で美しい肌を保つために基礎化粧品などを用いて肌の手入れをすること。皮膚を清潔にし,肌が乾燥するのを防いだりするのを目的として,洗顔した肌に化粧水や乳液などをつけるのが一般的である。パック,マッサージなども,スキンケアの一部。スキンタイプや肌の状態によって,手入れの仕方や使用する化粧品が異なる。また,しみやしわなどの原因が究明されつつあり,美容面でも医学同様,予防法が重視されるようになってきた。しみやしわは,できてしまってから手入れをするのではなく,予防のためのスキンケアが重視され,基礎化粧品も数多く開発されている。

洋服

おしゃれの仕方 洋服
おしゃれの仕方、似合う洋服の見つけ方って難しいですよね!
モデルのようなスタイルだと何でも似合いそですね。
しかしそういう人はほとんど少ないですよね。
ここで“モデルのようなスタイル”とは体型が背が高く痩せている人を指します。つまり体型が第一に重要です。
ここで考えなければならないことは、体型に関してやってはいけないおしゃれの方法です。
綺麗になるには3

綺麗になるには4

体型

“モデルのようなスタイル”とは反対の“太っていて背が低い”。 体型です。
痩せて背が高いと“縦のライン”を強調します。
しかし“太っていて背が低い”人は“縦のライン”が弱いので縦のラインをさえぎる横のラインを絶対に作らないことです。
例えば
白いストッキングに黒いブーツ
白いワンピースに黒いベルト
またデテールの大きい装飾は避けたほうが良いです。
例えば
ブラウスのエリや袖が大きく装飾されている
クツにも花模様などの大きめの装飾がある
コートや上着がゴワゴワと重い
全体に横ラインのデザインがある

おしゃれの方法に重要なことがあります。
仮に1着フルでクツまで決めたとします。
しかしその一着をいつもずっと着ませんよね。
つまりおしゃれとは生活の一部なので生活の中で考えなけれななりません。
これをワードロープといいます。

ワードロープとその方法
まずメインで重要な一着を決めます。
洋服にはターゲットとなる年齢の設定があります。
それを考慮して“ブランド、有名、少し高め”の服を購入します。
パーティーや結婚式に呼ばれたときのドレッシーな服ではなく少しお洒落をした服、普段でも着れる服です。

身長、体型(体重)、横の線を強調しない。好きな似合う色、フルでインナーからクツまで決めます。
全て同一のメーカーで選びます。
同一のメーカーなのでコーディネイトが失敗しにくいです。
これがメインのイメージとします。

その他生活に合わせて必要なシャツ、Tシャツ、パンツ、ジャケット、クツを一つ一つメインの服に合わせて他メーカーで購入します。
これらはメインのイメージより安くていいです。
メインのイメージに合っていれば値段は関係ありません。
一つ一つがメインの服に合っているので、メインでない者同士でも合っているということになります。
つまり新しく購入するものは全てあっているということになりません。
1度しか着たことのない服が存在しなくなります。

衝動買いをしないようにすることです(メインのイメージと合わないものを購入しない)これがワードロープの方法です。

TPO

その他TPOがあります。
ワードロープは生活の中でのおしゃれ、洋服の選び方ですが、TPOでは
Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)
時間、場所、場合に応じて洋服、コーディネイトを選ぶことです。
葬式に結婚式の服は着ませんよね。

綺麗になるには6

綺麗になるには5

年齢別にみるオシャレのポイント

10代

何をやっても許される年代です。
つまり似合う、似合わないは別にして若いからOKです。
自分のタイプが決まってない。職業がまだはっきりしてないのでいくらでも自己主張ができます。

20代

自分のタイプが段々とできてきます。
職業も決まると大きくタイプが決まっていきます。
個性が確定してくると良い分とよくない部分がより繊細に見えてきます。
オシャレをするのに引き算(よくない部分の矯正)と足し算(良い部分を強調)を取り入れる必要ができてきます。

30代

女性は30代が大きな変化の年齢です。
私生活(恋愛、結婚)、仕事、健康などの変化ですが、現代では30代が一番きれいに羽ばたける年齢といえます。
老化も実際始まリます。
先ほどのオシャレをするのに引き算(よくない部分の矯正)を確実に取り入れる必要があります。

40代

この年代は若くもなく年寄りでもありません。
人によって見え方が大きく分かれます。
生活感がすごく出ている人は老けて見えます。
若さを保つオシャレを心かけましょう。

50代

オシャレをしている人としてない人の差が現れます。
老けている人とそうでない人の差が大きく現れます。
しかし昔綺麗だった人でそれを取り戻そうとメイクが厚くなったり洋服も若すぎたりすると余計に変にケバクなります。
この年代はいかに良い年の取り方をするかを深く考え決めることです。

60代

オシャレすることに段々と離れていきます。
また太る人が多くなります。
良い年の取り方をしながら自然なオシャレを楽しみましょう。

おしゃれって難しいですよね!
おしゃれって難しいですよね!凄くリアルな場合がたくさんあります。
以前フラウという雑誌でエディターとしてヘアとメイクの特集で似合う髪型の決め方、似合うメイクのやり方のページを担当しました。
そのページを見た読者の方の依頼で200人ほどのカウンセリングを行いました。ターゲットはキャリアを持つ女性で20代後半から40代前半ぐらいでした。

また同じような特集でNHKの情報発信番組でその番組を見た視聴者の300人ほどのカウンセリングを行いました。
放映時間が18時だったのでターゲットは30代から60代ぐらいでした。
これらのカウンセリングで膨大な悩みの質問を受けることになりました。

本当にいろんな人達がいろいろな事情で悩んでいます。
これらの悩みの多くは
素敵になりたい!若くなりたい!です。
そしてその方法がわからない
情報がありすぎて”私はどうしたら良い”の?
年齢はいくつになっても関係ないようです。
今後これらの経験を活かし悩み解決を行っていこうと思います。
@kk

このサイトでは綺麗になるためのメイク&ヘアの研究室!として
似合う髪型がわからない!
似合うメイクがわからない!
似合う化粧品の選び方がわからない!
プロのヘアメイクアーティストになるには!
プロのヘアメイク作品制作方法!

長年プロのヘアメイクアップアーティストとして活動を続ける@kkが様々な悩みの解決方法を説明、紹介します。

@kk

@kk

Beauty Labo@kk(ビューティー ラボ アットケイケイ) ヘアメイクアップアーティスト 福岡県出身。アイの美容室オーナー・スタイリストとして10年...

プロフィール

関連記事一覧