ヘアメイク、メイクアップアーティストを目指す年齢

目指す年齢0
HM-ARTIST
目指す年齢2

ヘアメイクアップアーティストを目指す適齢はいくつ?

20代後半から始めても遅くない

年齢についての質問をよくいただきますが、20代後半から始めても遅くありません。
20代後半にスクールに入学し夢を叶えた方がたくさんいらっしゃいます。

また最近の情報では、ヘアメイクアップアーティストのアシスタントの年齢は20代後半が多くなっています。
その要因は、ヘアメイクの活動年齢が伸びているからです。

この記事を書いている私は
【長い間ヘアメイクアップアーティストとして活動】
福岡県出身。アイの美容室オーナー・スタイリストとして10年間のサロンワーク後、ヘアメイク業界に転身。
ヨーロッパ各地を遊学後、鳥羽いっこう氏主宰のWizard make upに参加。以後、ヘアメイクオフィス ラ・メール設立。 


ファッションを中心としたヘアメイクを得意とする。ファッション誌、ヘアメイクエディター、メイクアップビジュアル、広告や海外の仕事も精力的に行う。

私も最初は大変でした。一歩進んで2歩下がるような進み方でした。

本当に最初は何をどうしたら良いかわからないですよね。
情報がないし、教えてくれる人もなかなかいないですよね。

実はわたしはヘアメイク業界へ転身したのは27歳でした。
当時は事務所に20歳~24歳ぐらいでにアシスタントになるケースが多かったので27歳は”遅い”と言われました。

でも実際はまったく遅くはなかったです。

ここでは今までの経験を生かし皆さんの疑問を解決したいと思います。

今まで多くのヘアメイクアップアーティストを育ててきました。
そのうちの2名を紹介します。
kyohko saitoh
ayaka tanigawa

フジフィルム99-1
フジフィルムの仕事です。

河野作品102
河野作品104
河野作品103
河野作品106
河野作品105
河野作品100
河野作品108
河野作品107
河野作品101
ヘアメイクアップアーティストになるには113
ヘアメイクアップアーティストになるには112
ヘアメイクアップアーティストになるには115
ヘアメイクアップアーティストになるには114
ヘアメイクアップアーティス111トになるには
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider
Beauty Labo@kkの仕事、作品

それでは、
ヘアメイクアップアーティストを目指す適齢はいくつ?

でも、結局は自分次第で年齢は問題にならない!

しかし、結局は自分がどこまで頑張るかが重要になってくるので、実際のところ、年齢はあまり気にしないことです。
たとえば30代に入ってスタートし、成功している方もたくさんいます。

視野を広げると色々な可能性がある

目指す年齢

30代中盤から始める人は、ファッション業界だけでなく、ブライダルメイクサロンなどのビューティービジネス業界も視野に入れると、成功できる確率が高まります。

年齢についての詳細
ここでいくつかの例をあげて説明したいと思います。

 

 

中島由佳 28歳
就職は金銭的な理由で、ブライダルのヘアメイク(会社社員)かヘアメイクアップアーティストのアシスタントの2つで大変迷っていました。

でもヘアメイクアップアーティストの道を選び、どうしても付きたかった有名ヘアメイクアップアーティストのアシスタントになりました。

その後アシスタント期間終了後もその師匠のもとでがんばり現在ではミュージシャンタレントなどの指名も多く、広告、ファッションなどの幅広い仕事をしています。

 
 

脇田陽 36歳
今までの仕事からまったくの未経験の世界である美容の世界に入ることを決め、某ヘアメイクスクールに入学しました。

卒業後すぐに栃木(故郷)へ帰りヘアメイクをスタートしました。
最初は事務所に所属しようと探しているうちに、すぐに仕事が発生しました。

撮影の仕事からブライダルまで、何故か仕事が次々と入ってくることに戸惑いましたが、その後事務所に所属し現在では忙しい日々を送っています。

 
 

横井恵 37歳
某ヘアメイクスクールの卒業の少し前に相談し、某ヘアメイクスクールの(フリーランスとして)講師の話を受けることを決めました。
(ヘアメイクスクールを卒業したばかりなのに講師の仕事を受けることにしました)

卒業後3年間講師の仕事を行いながら(フリーランスとしての契約なので授業のないときは拘束されない)撮影の仕事、ブライダルのヘアメイク、ブライダルの企画プラン、ヘアメイクなどを行いながら実力を蓄えています。

 
 

青木真依 28歳
ドラマや映画などの映像系のヘアメイクがしたくてヘアメイクスクールに入学しました。

卒業後すぐにドラマや映画を担当しているヘアメイクアップアーティストのアシスタントに付くことができました。

アシスタントが必要な時のみ、師匠の撮影に同行だったので、空いている時間はみずから色々な人の仕事に参加して技術を習得し今では忙しく過ごしています。

 
 

赤坂小百合 32歳
卒業後すぐにファッションを中心とした有名ヘアメイクアップアーティストのアシスタントに決まり、アシスタント終了後撮影のヘアメイクを中心に活動。
成功を収めています。

※30代でも撮影のヘアメイク、一般的なショー、雑誌、広告、ミュージシャンなどの仕事を問題なくやっていけてます。

 
 

池田みどり 28歳
有名ヘアメイクのアシスタントの面接時”私はあまり若すぎない人を希望しているので年齢は気にしなくて良い”と言われました。

現在アシスタント中で頑張っています。

 

目指す年齢8

Beauty Labo@kkより

年齢によるメリット

キャリアがあるように見えて仕事が来ます。
信頼性が高く見えます。

若い人より時間がないので頑張る人が多い。

年齢によるデメリット

仕事ができるように見えるので、できないとなるとその落差が大きい。

自分で年齢の壁を作ってしまい、本当はできるのに、できないと思ってしまう。

なかなか前にすすめないので焦りが強くなり逆に進めなくなる。

若い人は

キャリアが浅く見えて仕事がこない。

信頼性が低く見える。
安い仕事がきやすい。
若いと時間があるので”だらだら”と進まない人生を送ってしまい最後は止めてしまう。

Beauty Labo@kkよりアドバイス!

先ほども私のプロフィールのところで伝えましたが、私がヘアメイク業界へ転身したのは27歳でした。

当時は事務所に20歳~24歳ぐらいでアシスタントになるケースが多かったので27歳は”遅い”と言われました。

でも実際はまったく遅くはなかったです。
年齢の問題で焦りが出てきます。
この焦りが進む道を邪魔します。
ヘアメイクの道の技術習得だけでもすぐには習得できません。

その他テスト(作品撮り)を行ったりカメラマンを探したり大変なことだらけですが、一歩一歩的確に進んでください。

Beauty Labo@kkより
@kk

@kk

Beauty Labo@kk(ビューティー ラボ アットケイケイ) ヘアメイクアップアーティスト? 河野幸二 ? 福岡県出身。アイの美容室オーナー・スタイリ...

プロフィール

関連記事一覧