BLOG

日蓮大聖人

Contents

日蓮大聖人のご生涯

ご誕生 【貞応元年(1222)2月16日】

日蓮大聖人は安房の国(現在の千葉県)小湊にお生まれになる。父貫名重忠・母梅菊の子として御誕生になり、幼名を善日麿と名付けられた。

清澄山にのぼり、道善房の門下となる 【天福元年(1233)5月12日】12歳

清澄山に登られ、名を薬王丸と改める。虚空蔵菩薩に「日本第一の智者とならしめ給え」と立願される。

出家得度  【嘉禎3年(1237)10月8日】16歳

出家して是聖房蓮長と名乗る。

諸国遊学の旅  暦仁元年(1238)】17歳 鎌倉にて念仏、禅宗等を修学される。 【仁治3年(1242)】21歳

当時の最高学府である比叡山で、仏教全般と諸宗の法門を研究される。次いで奈良の六宗、七大寺、高野山、四天王寺、また京都の寺を巡り諸宗を研鑽す。

妙法の声高らかに<開宗宣言>  【建長5年(1253)4月28日】32歳

ついに釈迦如来の教えは法華経にあると確信され、急ぎ清澄に戻られた。旭ヶ森にて初めて南無妙法蓮華経のお題目をお唱えになり、大衆を前に唱題開宗宣言をされる。名も日蓮と改める。

鎌倉での布教  【建長6年(1254)】33歳

鎌倉の街頭にて辻説法される。お弟子を得た宗祖は、場所を松葉ヶ谷の草庵へと移して布教される。

立正安国論の諫言  【文応元年(1260)7月16日】39歳

世の混乱を憂えた宗祖は『立正安国論』を顕し、国家に対して正しい仏法による世情の安泰を進言された。 「汝早く信仰の寸心を改めて、速やかに実乗の一善に帰せよ。しかればすなわち三界は皆仏国なり。仏国それ衰えんや。十方はことごとく宝土なり、宝土何んぞ壊れんや、国に衰微なく土に破壊なくんば、身はこれ安全にして心はこれ禅定ならん。この詞、この言、信ずべく崇むべし。」 『立正安国論』

松葉ヶ谷の御法難  【文応元年(1260)8月27日】39歳

宗祖のお言葉に反発した幕府・念仏者によって、そのお命を狙われることとなる。ついには松葉ヶ谷ご草庵が焼き討ちされる。

伊豆の御法難  【弘長元年(1261)5月12日】40歳

松葉ヶ谷ご草庵の焼き討ちが失敗に終わった~伊豆へ流罪が決まる。しかも海の真ん中にある俎岩(まないたいわ)に置き去りにされてしまうが、船で通りかかった川奈の船守弥三郎に助けられる。そして弥三郎夫婦によって手厚くかくまわれる事となる。

小松原の御法難 【文永元年(1264)11月11日】43歳

小松原にて、地頭の東条景信をはじめとする数百人の念仏者によって襲撃を受ける。駆けつけた宗祖の信者である工藤吉隆と弟子数人が討たれてしまうが、宗祖は傷を負われながらも難を逃れた。

竜の口の御法難  【文永8年(1271)9月12日】50歳

佐渡へと流される道の途中、竜の口に差し掛かる。すると急遽斬首の刑を行い、宗祖の命を絶たんとした。しかしまさに刀を振り下ろそうとしたその時に、江ノ島の方向より月のようなひかりが到来した。兵士たちは目もくらみ、恐れおののき、処刑は行われなくなってしまう。

佐渡への流罪 (塚原三昧堂)  【文永8年(1271)10月28日 佐渡に着く】50歳

宗祖は塚原の三昧堂という死骸置き場に置き去りにされてしまう。そこは一間四面の狭いお堂であり、壁板も合わずに隙間から雪が降り積もるありさまであった。  そんな中、念仏信者であった阿仏房は宗祖を襲撃するが、結局は夫婦揃って宗祖の信者となった。阿仏房はその後70歳で亡くなるまでの間、遠い佐渡の地より三度も身延の宗祖を尋ねている。

開目抄の御撰述  【文永9年(1272)2月】51歳

宗祖御自ら「一期の大事」とおおせられた『開目抄』は重要御書のひとつであり、宗祖が本当に「法華経の行者」であるのかという宗祖御自身と御弟子や御信者がた、あるいは当時の世間の人々からの大きな疑問にこたえる書物である。言い換えれば、誰が末法の人々を救う真の尊い指導者であるかを問うものである。

『観心本尊抄』の御撰述  【文永10年(1273)4月25日】52歳

『観心本尊抄』は「日蓮当身の大事」とされた重要御書のひとつであり、末法の真の指導者が、人々を救う為にひろめるべき真の御本尊とは何かを明らかにされたものである。  その御本尊とは「本門八品上行所伝の南無妙法蓮華経」であり、これは末法の為に釈尊が上行菩薩に託された教えであって、この御本尊によってのみ、一切衆生は成仏できるのであると示されている。

流罪赦免の後、鎌倉を経て身延へ御入山 【文永11年(1274)2月14日 流罪赦免 】53歳 【同 年 5月17日 身延御入山】

「十二日さかわ、十三日たけのした、十四日くるまがえし、十五日ををみや、十六日なんぶ、十七日このところ・・・・」『富木殿御書』 「十三日竹の下」は現在の法華宗常唱院のある場所である。ここは後に宗祖が常陸の湯へ向かう途中、また入滅の後に御遺骨が身延へお帰りになる際の計三度御宿泊された場所であり、宗門の史跡に指定されている。

『報恩抄』二巻を恩師道善房の墓前に捧ぐ 【建治2年(1276)3月16日 道善房死去】 【同 年 7月21日 『報恩抄』撰述】55歳

宗祖は恩師道善房の死のしらせを聞いたものの、御自身は身延を離れることが出来なかった。そこで使者を立てて清澄へ向かわせ、その墓前に『報恩抄』上下二巻を捧げられた。

宗祖御入滅<教えは永遠に> 【弘安5年(1282)10月13日】61歳

建治元年のころより宗祖の病はいよいよすすみ、静養の為に身延より常陸の湯に向かうこととなる。しかし宗祖は、ついに池上にて御自身の入滅が近いことを悟られる。そこで日昭聖人・日朗聖人・日興聖人・日向聖人・日頂聖人・日持聖人を本弟子(六老僧)と定め、自らが果たせなかった帝都弘通を日像聖人(経一麿)に託し、10月13日辰の刻、ついに正法興隆にその心身を投げ打った61年の御生涯を静かに閉じられた。
「いま日蓮は去る建長五年四月二十八日より今年弘安三年十二月にいたるまで、二十八年が間また他事なし。ただ南無妙法蓮華経の七字五字を、日本国の一切衆生の口に入れんとはげむばかりなり。これすなわち母の赤子の口に乳を入れんとはげむ慈悲なり」 『諌暁八幡抄』

『日蓮大聖人御書五大部』

『立正安國論』『開目鈔』『撰時鈔』『報恩鈔』『観心本尊鈔』

立正安國論39

打ち続く天変地異と社会不安について思索した結果,正法(しょうぼう)である《法華経(ほけきょう)》に帰することによって,国が安泰になると確信して書かれたもので,北条時頼(ほうじょうときより)に提示された。

『開目抄』 51
・日蓮聖人の生涯は迫害受難の連続であったため、弟子や信徒の中から退転する者が続出したために、布教と迫害に対する弟子達の疑問を払拭するため。
・末法の導師が日蓮自身であることを明確にするため。
・佐渡の流刑地にあって死を覚悟した日蓮聖人が弟子達に「かたみ」として残すため。

『観心本尊抄』 52
正式な名称は『如来滅後五五百歳始観心本尊抄』と言う。
末法衆生救済の大法を示した書。救済の道を天台の一念三千から日蓮聖人の事の一念三千に導き、南無妙法蓮華経のお題目の受持へと導いている。本抄の説によって最初の大曼陀羅が佐渡にて描かれた。これを「佐渡始顕の大曼陀羅」と称する。

『撰時鈔』 54
本抄は釈尊滅後の2500年間に『八万四千宝蔵』と言われる仏法が何時、何の経を、誰がどのように流布するかその『時』の本質を解き明かし、末法こそ『妙法蓮華経』を流布する時であることは必然であると解き明かしております。

『報恩抄』 55
清澄のかつての師、道善房遷化を知り、旧師の追善のため執筆されたもの。人として行うべき根本を「知恩報恩」とし、法華経信仰の実践が真実の報恩であると説いている。

曼荼羅
曼荼羅3

六老僧

日昭・日朗・日興・日向・日頂・日持

日 昭 上 人 (にっしょう しょうにん)

日蓮 最初の弟子、日蓮より年長で、長老として崇められ、日蓮からの書状も多い。鎌倉浜の日昭坊舎(草庵)は、1280年に日蓮から「曼荼羅本尊」(伝法御本尊・静岡妙法華寺)を授けられて開堂(法華堂)した。 浜土法華堂は同7年、法華寺と称す。日昭は信濃の武将 風間信昭の帰依を得て1306年、相模の那瀬妙法寺の開山に、1307年、越後妙法寺の請待開山に招かれた。門流を日昭門流、又は浜門流と称する。法華寺はのち伊豆玉沢に移り、ここから玉沢門流が発展する。遺品と真筆は多く玉沢法華寺に伝わる。

日 朗 上 人 (にちろう しょうにん)

日朗は日昭の甥と伝える。日蓮最愛の弟子で、師孝第一と称される。日蓮に常に随街して幾つかの法難に遭った。入滅に先立って 鎌倉名越と比企ケ谷の法華堂(妙本寺)を付託された。日蓮から『三個の霊宝』(随身仏の釈迦立像・「立正安国論」・伊豆龍口佐渡方難赦免状3通)をゆずられた。日朗ゆかりの寺…鎌倉妙本寺・池上本門寺・平賀本土寺・松葉谷草庵・名越法華堂門流を朗門・比企ケ谷門流(のち池上門流)と称し、日蓮最大の門流となる。主な弟子…日像・日輪・日善などがいる。

日 興 上 人 (にっこう しょうにん)

日蓮正宗:日興門流の祖。富士大石寺の開山にして、日蓮正宗第二祖。
日興は弁論・文筆の第一と称される。富士を中心とした駿河を拠点とし、身延入山後の日蓮が最も頼りにした。富士郡に「本門寺」と「大石寺」を建立、地域の教化と門弟教育にあたった。日蓮に習って、弟子を選び、まず本六人、のち新六人を定めた。その門流を興門・富士門流なとと称した。

日 向 上 人 (にこう しょうにん)

日蓮宗:総本山身延山久遠寺第二世。
論議第一と称され、著書は『金剛集』をはじめ多い。身延輪番制廃止後、祖廟を守り、のち上総(千葉県)藻原寺(そうげんじ)に隠居。門流は身延門流・藻原門流と称する。

日 頂 上 人 (にっちょう しょうにん)

日頂は下総(千葉県)を富木常忍(ときじょうにん)(日常)と教化し、駿河では日常のもとで教線を拡大した。真間弘法寺(ままぐぼうじ)を天台宗から改宗して発展の基礎をつくった。のち、常忍と対立して下総を去った。門流は形成されなかった。

日 持 上 人 (にちじ しょうにん)

六老僧の中で最も遅い入門である。駿河を根拠とし、蓮永寺の開山となる。宗祖七回忌に池上本門寺の祖師像を造立したことが特筆される。永仁二年(1294年)に宗祖の十三回忌法要をすませ、翌年正月、海外弘通を志して旅たった。中国大陸で活躍したという伝説はあるが、国内の門流はない。

六老僧・系図

 六老僧・系図

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP