BLOG

ヒンドゥー教

ヒンドゥー教

バラモン教の原理を継承し、グプタ朝で体系化されたインド独自の宗教。現在もインドでは多くの信者がいる。
『ヴェーダ』信仰とバラモン教を受け継ぎ、インド土着の宗教として生まれたのがヒンドゥー教であり、紀元前300年頃にカースト制度とともにその原型が形成され、4世紀のグプタ朝時代に発展、定着した。基本となる信仰はカースト制度(種姓)に生まれたという輪廻からの解脱を求めるものであるが、ジャイナ教や仏教の影響を受け、また民間信仰を取り入れて教義は多彩である。
ヒンドゥー教は多神教であるが、宇宙を創造したブラフマー、宇宙を維持するヴィシュヌ、破壊の神シヴァの三神は一体であり、最高神が姿を変えてあらわれたものと考える。また、その解釈にも違いがあり、ヴィシュヌを最高神とするヴィシュヌ派とシヴァを最高神とするシヴァ派の対立がある。
引用:世界史の窓

ヒンドゥー教とは

アーリア人の侵入

新天地を求めたアーリア人が、北西インドの社会に侵入していく。
紀元前1500年頃、中央アジア地方の西パキスタンで牧畜をしていた、インドヨーロッパ語族の一派のアーリア人が、北西インドのパンジャーブ地方に侵入してきました。 アーリア人は、鉄器を農具に用いて生産性を上げ、先住民を征服し、奴隷化していきました。 そして、アーリア人の間での部族闘争の中で、指導者としての神への司祭者の地位が高まり、カースト制度の原形が成立していきました。北西インドは、アーリア人の社会に影響されて、カースト制度が広がっていきました。肌が白い彼らは、自分たちの都合のいいように身分と職業をわけた。

カースト制度

インド特有の職種と人種の差別化を進めた社会身分。紀元前1000年頃、ガンジス川上流に定住したアーリア人が進めた四姓制度(ヴァルナ)。各カーストは世襲制によって受け継がれ、仕事の種類等が決められている。 また、違うカーストの人との婚姻は認められない。
アーリア人は前世の行いによって、各人はどのカーストに生まれるかが決まり、下層カーストに生まれても、カーストの儀礼に従い模範的な生活をすれば、次にはより上層のカーストに生まれることができる という思想の元に、先住民族、征服民族を巻き込み、支配した。そして、バラモン教はカースト制度を利用して勢力を拡大し、インド大陸に広がっていく。
現在のカースト制度は種族的、職業的、宗教的な諸条件が複雑にからみあい、二千数百種に及ぶ。
※先住民であるドラヴィダ人を当初の下位のヴァルナとしたことがきっかけです。

バラモン

神々の司祭者。僧侶。梵天の裔で、その口から出たものとされる。カースト社会の特権身分で、祭式・教法を独占して、カースト社会の指導者の地位を保ち続けた。

クシャトリア

王侯貴族。王族。武人。

ヴァイシュヤ

庶民階級。商工業者、農民。

シュードラ

奴隷階級。征服された先住民。農業・牧畜を生業とする。

アウトカースト 不可触賤民

ヴァルナをもたない人びとヴァルナに属さない人びと(アウト・カースト)もおり、アチュートという。「不可触賎民(アンタッチャブル)」
不可触民とは4つのどの階級にも属すことのできない最下級に分類された人々のことを指します。彼らはヒンドゥー教の浄・不浄の観念によって「穢れ」の存在としておかれていました。
※アウトカースト(不可触賤民)はカーストのどの階級にも属さないため、上層のカーストに生まれかわることはできない。

ゾロアスター教

ゾロアスター教
イラン(ペルシア人)の宗教であり、宗祖はゾロアスター。その成立年代はBC1200火を崇拝するので拝火教とも言われる。終末に救世主による最後の審判が下されると説くその世界観は、その後のユダヤ教やキリスト教などの一神教に影響を与えた。7世紀にイスラーム教がイランに進出したことによって衰え、ほぼ消滅した。

詳細

バラモン教の成立

カースト社会の浸透に成功したアーリア人は、バラモンとしての自らの権威を高め、バラモン教を成立させていく。
アーリア人のバラモン階級の人達は、自らの権威を高める為に、祭式を複雑化し、生活の規範を作り、神話的な神々を称える讃歌を作り、紀元前1200~1000年頃、聖典『リグ・ヴェーダ』を編纂しました。ここに、バラモン階級による社会指導、カースト制度、『ヴェーダ』に従う生活により、バラモン教が成立しました。

輪廻

生あるものは、その行為である業の善悪によって、人間に生まれたり、畜生に生まれたりしながら生死を永遠に繰り返す。 このように、車輪が回転して極まりないように、生死を繰り返すことを輪廻という。

ヒンドゥー教の成立

グプタ朝の歴代王の保護の元に、バラモン教は土着の民間信仰や習俗を吸収し、ヒンドゥー教へと変容していく。
紀元前600年頃、アーリア人と先住民の混血が進み、農業・商工業が発達し、クシャトリアが力を伸ばして、コーサラ・マガダ等の大国が成立していきました。 そして、バラモンの階級は徐々に指導力を落していきました。この風潮の中で多くの自由思想家であるシュラマナ(沙門)が輩出されていきました。仏教を開祖したブッダも、そのシュラマナの一人でした。
紀元後320年頃、北インドのマガダ地方から興った、グプタを始祖とするグプタ朝がインドのほぼ全土を統一(チャンドラグプタ2世在政時)しました。 グプタ朝ではバラモン教を政治・社会・文化に多いに活用し、そしてこの時期(紀元後4~6世紀)に、バラモン教はウパニシャッド哲学、当時は新興宗教であった仏教等の影響を受けて、土着の神々と新しい神々を信仰するようになり、ヒンドゥー教へと変容していきます。

バラモン教とヒンドゥー教

これらの宗教は、本来、別個のものではなく、「大衆化されたバラモン教を、一般にヒンドゥー教と呼ぶ」のであり、「ヒンドゥー教はバラモン教を母胎として、あるいはそれを継承して生まれた伝統宗教である。それゆえ、これらの呼称の異なる二つの宗教を教義的にも年代的にも厳密に区別することはむずかしい。」古代から現代までのインド固有の宗教を「ヒンドゥー教」と呼ぶ事も出来るのであり、「バラモン教」を「仏教以前の古典的ヒンドゥー教」と理解することが出来る。

イスラーム教との関係

インドへのイスラーム教の浸透は早くも8世紀から西インドのシンド地方でヒンドゥー教などとの接触が始まった。本格化したのは、10世紀以降、ガズナ朝、ゴール朝がアフガニスタンを拠点にたびたび北インドに侵入てからであり、ヒンドゥー教徒のラージプート諸国を脅かした。イスラーム教がインドに広がっていく上で大きな働きをしたのは武力的なことだけではなく、その大衆化運動であるスーフィズムがあったが、それを受けいれる側のヒンドゥー教徒の中にもすでにバクティ運動というヒンドゥー改革運動があったことも背景にあった。
政治的には13世紀初めのデリー=スルタン朝に始まるイスラーム政権によるインド支配を経て、ムガル帝国時代にはほぼ全インドに及んだ。当初はイスラーム国家はヒンドゥー教徒との融和をはかり、アクバル帝は人頭税(ジズヤ)を廃止し。宮廷ではインド=イスラーム文化が形成された。
南インドにはデリー=スルタン朝のハルジー朝・トゥグルク朝の時代にそ勢力が及び、イスラーム教が広がったが、イスラーム化を拒否したヒンドゥー教徒は1336年にヴィジャヤナガル王国を成立させた。ヴィジャヤナガル王国はイスラーム勢力の騎馬軍に対抗するためインド洋交易で西アジアから軍馬を購入して騎馬軍を組織して戦い、以後3世紀にわたって独自のヒンドゥー教信仰を守ったが、17世紀にイスラーム勢力連合に敗れて滅亡し、ほぼインド全域が政治的にはイスラーム教勢力の支配下に入った。

ヒンドゥー教の特色

1.インドの伝統宗教、民族宗教であり、(キリスト教やイスラーム教、仏教のような)始祖と経典を持たない。(『リグ=ヴェーダ』は神への讃歌、『ラーマーヤナ』と『マハーバーラータ』は神話的な民間伝承が集成されたものであり、『マヌ法典』は社会的規範を示した書である。これらは経典ではないが、教義的内容を再構成することの出来る文献である)
2.ヴィシュヌ神やシヴァ神を主神とするが、そのほかさまざまな伝統的な神々を信仰する多神教である。(その神々はユダヤ教やキリスト教、イスラーム教の唯一神または超越的は神ではなく、非超越神、つまり人格をもって慕われる神々である。また人々は神像を崇拝するが彼らが崇拝するのは偶像ではない)
3.他宗教を排斥せず寛容である。(現実的な政治的対立や社会的対立は、特にイスラーム教徒の間で起こっているが、一方で融合も図られている。バラモン教を否定して生まれた仏教とジャイナ教とも近親性があり、またシク教はヒンドゥー教とイスラーム教が融合して成立した面があり、これらはヒンドゥー教からは単なる分派と考えられている)
4.その他、ヒンドゥー教に特徴的なものにつぎのようなものがある。浄と不浄の観念が強いこと(極度に死と血を不浄のものとして忌み嫌う)。ガンジス川に対する崇拝(女神ガンガーのもたらした聖なる川とされ、沐浴する)。牛の崇拝(牛はクリシュナの乗り物であり、神を宿しているので殺すことは大罪である。尿糞も聖なるもので浄めに使われる。)。死者は埋葬せず、火葬して遺骨をガンジス川などの川に流す。現世のすべてを放棄して瞑想や修行に明け暮れる行者(サードゥ)が現在でも存在する。解脱に至る修行の一つに高度に肉体をコントロールするヨーガがおこなわれる、などがあげられる。
信者数:8億人
引用:世界史の窓

四大宗派について
三大宗派
出典:四大宗派について解説

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP